割引サービスを利用する

引越し業者を決めるにあたり、より安く依頼したい場合には、候補の業者に割引サービスがないかチェックしてみましょう。各社、さまざまな割引サービスを用意し、顧客の獲得を狙っています。

いくつかサービスを紹介しますが、よくあるものとしてインターネット割引があります。インターネットからの申し込みで引越し料金が安くなります。このほか、紹介割引を用意している業者も多いです。友達や知り合いを紹介することにより、自分にはプレゼントが、友達や知り合いには引越し料金の割引があります。そのほか、フリープランという割引サービスもあります。引越し作業の時間指定はできないものの、その分、引越し料金が割引になるというサービスです。前に利用したことがある人が2回目以降の利用で割引になる、リピート割を用意している格安引越し業者もあります。

多くの割引サービスがありますが、注意しなければいけないこともあります。たとえば、一つの割引サービスを利用すると、ほかの割引サービスは適用対象外になってしまうことがあります。また、たとえばリピート割引を受けるような場合に、前回利用したことを証明する領収書などの書類が必要になることもあります。

安い理由を確認する

見積りを取得した際に、概算金額だけを見て候補となる引越し業者を決めないほうがいいです。安いと感じると飛びつきたくなる気持ちは理解できますが、どうして安いのか、理由を追求することで本当に満足のいく引越しサービスを受けることができます。

たとえば安い理由が混載便のケースがあります。ほかの人たちの荷物と一緒に自分の荷物がトラックに積まれて運搬されるというもので、自分の荷物だけを積んで運ぶ場合より割安になります。しかしながら、引越し先へ荷物を運ぶ日時の指定が不可、トラックに積む荷物が十分に集まったうえで引越し日が決定されるため、運ばれるまで時間がかかる、ほかの人たちの荷物と一緒に運ぶことになるため、紛失事故のリスクがあるという問題があります。

また、提示された金額に必要なサービスが含まれていないこともあります。たとえばエアコン、ピアノ、処分品などのサービスは別途かかるとしたうえでの金額になっていることがあります。概算金額で安いと感じても、必要なサービス分の料金が加算されるとまったくお得ではないということもあり得ない話ではありません。

見積りを取得して一見お得に見えても、安い理由を知るとお得ではないこともあります。自分にとって不利な条件ではないか、よく確認しましょう。

引越し業者の料金比較

引越し業者に引越し作業を依頼したい場合に、安さを重視する人は多いです。なるべく引越し費用を節約したいと思っている人は、各業者の引越し料金の比較を行ないましょう。日時、荷物量、移動距離などが同じ条件でも、各業者でかかる金額には差が生じるものです。自分の場合はいくらかかるのか把握するためには、引越し業者に見積りを申し込む必要があります。最安値のところを探すには、より多くの業者の見積りを比較したほうがいいです。

一社ずつホームページを確認して見積りを申し込んでという方法も、時間に余裕がある人はよいのですが、そうでなかったり、面倒に感じたりする人もいるでしょう。その場合には、インターネットの引越し一括見積りサービスを利用しましょう。
利用方法は簡単で、引越し希望日、現住所の郵便番号、引越し先の都道府県などを一括見積りサービスのサイト上で一度だけ入力、送信するだけです。ほんの数分の作業で、サイトに登録されている大手をはじめとする引越し業者に見積り請求したことになります。
料金は無料、結果は電話またはメールで知ることが可能です。概算の料金ではありますが、簡単に最安値の業者がわかるのは非常に便利です。あとは候補のところに訪問見積りを申し込み、提示された条件に納得がいけば契約という形になります。

当サイトでは、見積りを取得した際に確認すべきポイントや、より安く引越すにはどうすればよいのか、情報を提供しています。安い引越し業者を選びたいと思っている人は、ぜひご一読ください。